骨盤ベルトの着用方法

骨盤は位置としても人間の上半身と下半身をつなぐ身体のちょうど真ん中にあり、意味合いとしても、もし骨盤に問題があれば身体の各方面に影響を及ぼすとても重要な場所なのです。骨盤ベルトはコルセットと似ていますが、基本的にはもう少し下に着用し、ウエストをひき締めるのではなく、腰を締め付けるイメージです。

骨盤ベルトは目的によっても、微妙に着用する位置が変わります。購入後にむやみに着用しても想定している効果が出ない場合も考えられます。もともと継続した使用が望ましいので、最初は正しい着用方法をきちんと学んでからじっくりと矯正に取り組みたいものです。

まず、妊娠時の仙腸関節あたりの痛みを軽減する場合の巻き方としましては、腰に手を当てたときに、わき腹のちょうど下に腰骨の突起している部分があります。腰骨の一番上の部分です。ここに骨盤ベルトの上部がちょうど合わさるように巻きます。妊娠時はおなかが突然出っ張るため、骨盤が若干ずれて痛みを伴う場合が多いです。これをベルトで矯正するという仕組みです。ちょうどおなかも覆われる位置になるので、締め付け過ぎないような軽い巻き方が基本です。

次に、産後の緩んだ骨盤を矯正する場合の正しい巻き方は、骨盤の上部の突起よりも数センチ下の位置から又の上の間の位置に巻きます。骨盤体操をするときもこのベルトを巻いたままでも大丈夫です。骨盤は産後の開いた状態のままですと、血流悪化の原因になります。身体がむくんだりするのはそのためで、いわゆる産後太りの原因がここにあります。

女性は出産という過程の中で、信じられないほどの体型の変化が短期間の中で生じます。そして、骨盤は当然その位置の関係で一番体型の変化の影響を受けやすい部分になります。骨盤ベルトを巻く意味とは巻いている間だけ問題を改善しているわけではありません。継続的に骨盤ベルトを正しい位置で巻き続けるによって、骨盤周りの筋肉にこれが低位置だと言うことを覚えこませるのです。目標としては、妊娠前の状態に戻すことになります。

芸能人などで出産後も妊娠前のモデル体型を維持している女性をみるとすごいなと思うかもしれません。多くの女性が出産後には少しは体型が変わるのは普通だと言う認識があり、じっさい目にする女性の多くはそうなのです。しかしそんな当たり前のことさえも、女性にとってみれば受け入れられないという場合もあります。骨盤ベルトでいつまでも若々しい体型づくりを目指すのはこれからの普通になっていくかもしれません。


サブコンテンツ

このページの先頭へ